DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10592-22770.html129 BHTMLView/Open
Title: VDT作業者に対する鍼治療効果 QOLと作業能力に及ぼす影響
Authors: 菊池友和
山口智
五十嵐久佳
小俣浩
鈴木真理
田中晃一
磯部秀之
三村俊英
Keywords: VDT
QOL
作業能力
鍼治療
円皮鍼
Issue Date: 2011
Abstract: 【はじめに】本邦でVDT作業者のQOLや作業能力を指標とした鍼治療に関する報告は極めて少ない。そこで、この前向き研究では鍼治療がVDT作業者のQOLと作業能力に及ぼす影響について検討した。【方法】VDT作業者61例、男性41例、女性20例である。鍼治療は1回/週、個々の頸や肩の症状に応じて行った。評価はSF-36とWAIを、初診時と1ヵ月後の値を統計学的に検討した。【結果】VDT作業者のSF-36は、身体的健康度、精神的健康度、体の痛み、日常役割機能(身体)が上昇し、活力も上昇する傾向が認められWAIも上昇した。治療前のSF-36の各項目とWAI値、さらに鍼治療後における体の痛みとWAI値の改善率に正の相関関係が認められた。【結論】鍼治療によりVDT作業者の有する頸肩こりの症状が改善するとともに、QOLと作業能力が向上した。今後増加が予想されるVDT作業者のQOLや作業能力の向上に対し、鍼治療の有用性が高いことが示唆された。(著者抄録)
Description: 原著論文/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/22770
Shimei: 全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)
Volume: 61
Issue: 1
Start page: 51
End page: 58
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/22770

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback